旅とBushCraft

アウトドア好きの旅好きブログです。旅・Outdoor・BushCraft・カメラ・写真・登山・釣り

【Medical】JapanHeart Cambodia Short Term Volunteer day6

こんにちはkukumamaです。

 

今日で6日目。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

もう終盤になりました。

 

今日はカンボジアの祝日で朝5時頃から夜中までずっと音楽が鳴り響いています。

 

f:id:kukumama:20190519002201j:plain

f:id:kukumama:20190519002209j:plain

 

朝早く起きたので外に出てみると犬ちゃん達が元気に遊び周っていました。

 

f:id:kukumama:20190519002317j:plain

 

新しいコウモリをGetしました。気づいたらどこかに飛び立っていましたが・・・

 

f:id:kukumama:20190519002441j:plain



今日は外来も休み(救急患者のみ対応)で1日ガーゼ作りを行いました。

 

慣れてきたのか綺麗に作れるようになりました。

 

f:id:kukumama:20190519002645j:plain

f:id:kukumama:20190519002656j:plain

 

いつもの焼きバナナと芋を購入し小腹をみたしました。

 

甘すぎず、とても美味しいです。

 

f:id:kukumama:20190519002833j:plain

f:id:kukumama:20190519002841j:plain

 

昼食後のデザートを買いに行ったら、店の人が↑をたくさん持ってきてくれ、食べさせてもらいました。

米粉の麺で作った生地に具材を巻いて食べるスタイルです。

とっても美味しかったです。

 

f:id:kukumama:20190519003028j:plain

f:id:kukumama:20190519003042j:plain

 

近くの雑貨店に寄ると如何わしい置物や仏教グッツがありました。

 

お土産に何か買って帰っても良さそうだなぁ~

 

f:id:kukumama:20190519003219j:plain

f:id:kukumama:20190519003233j:plain

 

夕方はいつものごとく、突然の雷雨が降り、暑かった気温が下がり過ごしやすくなりました。

 

さぁ飲みにいきますか‼

っと思ったら、膝蓋骨骨折疑いの患者が運ばれて来たとの連絡が入り、見に行くことに‼

 

f:id:kukumama:20190519003448j:plain

f:id:kukumama:20190519003455j:plain

f:id:kukumama:20190519003512j:plain

 

先ほどの雨で濡れた床に滑り、膝をぶつけたようで、X-pを撮影した結果では左膝蓋骨の遠位部を横断的に骨折し転移がみられていたため手術適応であると判断され手術が行える施設へ行ってもらうことになりました。

 

RICE処置の説明と膝関節の固定を行いました。

 

しかし、固定用のシーネが無いためダンボールをカットしシーネを作成することになりました。

 

f:id:kukumama:20190519004012j:plain

 

とても簡易ですが、みんなで作成しました。

 

f:id:kukumama:20190519004143j:plain

f:id:kukumama:20190519004157j:plain

 

とても貴重な包帯を使用し固定を行いました。

 

そして・・・

f:id:kukumama:20190519004346j:plain

f:id:kukumama:20190519004325j:plain

 

近くの市場へ買い出しに出て、おつまみを購入し飲み屋さんへ!Let`s go-‼

 

f:id:kukumama:20190519004358j:plain

 

みんなで色々と会話を楽しみました。

 

慣れてきたところなので明日で最後だと思うと少し寂しいですが、さらに何かを得れればと思います。

 

 

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

 

 

 

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

 

 

【Medical】JapanHeart Cambodia Short Term Volunteer day5

こんにちはkukumamaです。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

カンボジア生活も5日目になりました。

生活や言語にも慣れてきた感じがします。

 

今日は病衣などの洗濯を一日しました。

 

f:id:kukumama:20190517235525j:plain

f:id:kukumama:20190517235532j:plain

 

日本では100均に売っているような物も大切に使っており、ボロボロになっています。支援にて成り立っているため、もしよかったらどんな物品でも必要なので寄付してはどうでしょうか?

何が必要か解らない場合は、直接問い合わせても問題ないと思います。

ただ関税などの関係で日本からの寄付は、一度ジャパンハートの東京事務所を経由することが望ましいと思います。

 

f:id:kukumama:20190517235540j:plain

 

実はこの裏方の作業がとても大変で、かなり重要な役割を担っています。

 

日本では使い捨てであったり、リネン室の方がしてくださっていたことの重要性や大変さを身をもって感じました。

 

使い古して破れているものは縫い直したり、使用するときのことを考えながら畳んでいく作業はとても大変で汗だくになりながら行いました。

 

f:id:kukumama:20190518000018j:plain

 

お昼前に売りに来るバナナと芋で栄養補給し、頑張ります!

 

午後は糖尿病患者の切断処置などもありました。

 

15時ころからはガーゼ作りを地道に行い、普段何気なく使用している物品のありがたさを実感しました。

 

f:id:kukumama:20190518000336j:plain

 

1つずつ手作りで処置で使うガーゼを作成します。

その後、5枚1組で滅菌にかけて使用します。

 

使用する時の状況を考えながら1つひとつ丁寧に織り込んでいきます。

この作業を丁寧に行っておくことが、処置の時などに患者へのちょっとした負担や術者の作業効率などに大きく影響するため大切な作業です。

 

f:id:kukumama:20190518001138j:plain

 

業務が終わってからは、日本人助産師による新生児の黄疸についての勉強会に参加させていただきました。

写真に写っている方はカンボジア人です。

 

f:id:kukumama:20190518001330j:plain

 

ノートは基本的に英語で書かれています。

 

f:id:kukumama:20190518001410j:plain

 

通訳さんも同席し国籍関係なく勉強を行います。

 

幅広い知識と経験が必要になる現場であることから、栄養士の方なども参加されていました。

 

今日は他には、昨日の夜に助産師の方に質問を受けていた産後の恥骨結合離開に伴う歩行(活動)時の疼痛による制限を減らした歩行方法の指導などを伝えさせていただきました。

 

f:id:kukumama:20190518001943j:plain

f:id:kukumama:20190518001954j:plain

 

そして、夕食を食べてから近くの飲み屋で多職種と色々と会話をしました。

 

 

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

 

 

 

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

 

 

 

【Medical】JapanHeart cambodia short term volunteer day4

こんにちはkukumamaです。

 

ボランティア期間も半分が過ぎました。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

生活にも慣れ、スタッフとも少しずつコミュニケーションがはかれるようになってきています。

 

今日は手術前後の手伝い、処置の補助、洗濯物を手伝いました。

 

f:id:kukumama:20190517050645j:plain

 

日本では専門業者が選択をしたり、使い捨てだったりしますが、洗濯から滅菌まですべてスタッフで行います。

手術に使うガウンや術衣など手術当日にスムーズで安全な医療提供のために、ここでの作業はとても重要だと思います。

 

f:id:kukumama:20190517051114j:plain

 

ガウンを巻き込んでいっているところです。

ガウンテクニックで簡単に開くことができ、かつ清潔操作ができるように畳み方が決まっています。

 

枚数も多いので大変な作業です。

 

f:id:kukumama:20190517051427j:plain

 

各サイズにわけて棚に戻していきます。

 

時間もかかり、なかなか根気のいる作業ですが、手術当日のことを考えつつ畳んでいると、1つひとつを丁寧にしておくことが重要です。

 

f:id:kukumama:20190517051721j:plain

 

今日も牛さん達が遊びに来ていました。

 

 

f:id:kukumama:20190517052356j:plain

 

昨日の夕方に雨が降った後に虫(日本だとカゲロウのような)が大量発生しました。

現地の人はこの虫を餌に釣りをするみたいです。

 

f:id:kukumama:20190517052414j:plain

f:id:kukumama:20190517052621j:plain

f:id:kukumama:20190517052720j:plain

f:id:kukumama:20190517052727j:plain

 

朝から掃除が大変でしたが、いい経験ができました。

現地の男の子も手伝ってくれました。

 

朝食後は小さな先生たちと語学勉強タイムです。

 

f:id:kukumama:20190517053206j:plain

f:id:kukumama:20190517053108j:plain

 

タライ ポンマーン(いくらですか?)

プロック(味見する)

 

 

旅の指さし会話帳mini 英語

旅の指さし会話帳mini 英語

 

 

 

楽しい時間を過ごせました。

 

 

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

 

 

 

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

 

 

【Medical】JapanHeart Cambodia short term volunteer day3

カンボジアの言語であるクメール語

スオ スダイ(こんにちは!)

クニョム チュモッホ kukumama(わたしの名前はkukumamaです)

 

ジャパンハートでの活動も3日目です。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

今日は手術室へ入らせていただき、診療の補助をしました。

 

※写真についてはスタッフへ掲載の確認とプライバシーへの配慮をしています

 

f:id:kukumama:20190515235258j:plain

 

手術には国籍関係なく入りますが、現地の患者はクメール語しか話せないので、カンボジア人も同席し、通訳の役割を担います。

 言語は主に英語で行いますが、日本語、クメール語など色々な言語を使用しています。

 

f:id:kukumama:20190515235829j:plain

 

宗教の関係でカンボジア人の看護師は布を頭にかぶっています。

私は外回りを手伝いました。

 

手術できる期間が限られているため、一日に多くの患者の手術を行います。

 

そのため、スムーズに進行できるようにするためには私の仕事もとても重要です。

 

また、照明が暗いため術者の手元を懐中電灯で照らすことも安全な手術を行っていくためには大切です。

 

f:id:kukumama:20190516000321j:plain

 

カンボジアでは停電によくなります。

電気がつかなくなると、扇風機やクーラーが使えないので、すぐに暑くなります。

病院は自家発電の機能がありますが、普段より節電に務めており、照明の管理も重要です。

 

f:id:kukumama:20190516001010j:plain

 

断水にもよくなります。

水道がでないので、雨水で食器洗いをしました。

もし震災などの時はこのシステムは使えるなと勉強になることが沢山あります。

 

ちなみにカンボジア料理はとっても美味しいです。

 

午後は手術着などの洗濯や破れた衣服を縫い合わす作業。救急カートのチェック。

熱傷後の皮膚移植による可動域制限のある患者のコンサルを受け、評価とリハビリ指導を行いました。

 

f:id:kukumama:20190516001516j:plain

f:id:kukumama:20190516001528j:plain

f:id:kukumama:20190516001545j:plain

 

夜は近くの市場で買いものをして、スタッフと一緒に食事を楽しみました。

ちなみに、卵は孵化する前の鳥を茹でた料理で、とっても美味しかったです。

コオロギの揚げた料理は、お摘まみに最高で止まらなくなりました。

 

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

 

 

 

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

 

 

 

【Medical】JapanHeart Cambodia short term volunteer day2

こんにちはkukumamaです。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

初日の夜は21時ころに就寝しました。

 

f:id:kukumama:20190514213056j:plain

 

カンボジアの昼は真夏と梅雨が合わさったような暑さで、水分を細目に摂取しないと体調を壊してしまいそうです。

しかし、夜は涼しくTシャツだけだと肌寒い感じでした。

 

ぐっすり寝れたんですが3時ころから鶏の鳴き声などで目が覚め、寝付けなかったので勉強タイムにしました。

 

f:id:kukumama:20190514213703j:plain

 

本日から手術ミッションが始まるため、術前後の観察や術中の外回りの役割などを予習できる良い時間になりました。

ありがとう鶏ちゃん。

 

f:id:kukumama:20190514213929j:plain

 

朝5時ころより明るくなってきたので、近くを散歩しました。

 

f:id:kukumama:20190514214028j:plain

 

そして6時30分ころから宿舎の掃除、7時から朝食、8時から業務開始です。

 

業務開始の前に全体ミーティングがあり、英語で簡単に自己紹介をしました。

もっと話す練習が必要です・・・

 

手術室の応援予定が明日以降の手術のために入院する方の状態観察を手伝わしてもらいました。

 

 

f:id:kukumama:20190514232403j:plain

 

問診はカンボジア人の看護師が行い、バイタルサインを測定させてもらいました。

 

現地のカンボジア人には英語は通じないため基本的にクメール語での会話となります。

スタッフ間は基本的に英語でコミュニケーションをとっており、ミーティングはすべて英語です。

 

f:id:kukumama:20190514232916j:plain

 

患者は基本的に現地人なので、全く英語は通じません(水を買いたくてもWaterが通じない)。

そのため、クメール語の指差し辞書を持ってきたので、辞書を使いコミュニケーションを図り、問診をしていきます。

 

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)[第2版] (旅の指さし会話帳シリーズ)

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ)[第2版] (旅の指さし会話帳シリーズ)

 

 

 

旅の指さし会話帳mini 英語

旅の指さし会話帳mini 英語

 

 

上手い言葉でなくても、コミュニケーションが取れるということがどれほど大切かということが実感しました。

 

【Medical】JapanHeart Cambodia short term volunteer

こんにちはkukumamaです。

 

昨日より日本を飛び出しカンボジアにジャパンハートのボランティア活動へ参加‼

 

f:id:kukumama:20190513220503j:plain

 

日本を出発しバンコク経由でカンボジアプノンペンへ入国しました。

 

プノンペン空港より送迎にてジャパンハートが経営する病院へ向かいます。

 

f:id:kukumama:20190513220855j:plain

 

カンボジアの道路事情は初めて行った私には驚きでした。

 

道路に信号や車線が無いので、各自が自由に走行しているからです。

 

日本ではありえない光景でした。

しかし、お互いがそれなりに譲り合い、何とか成り立っていました。

 

f:id:kukumama:20190513221007j:plain

 

プノンペン空港から約1時間のところに、ジャパンハートの病院があります。

 

予想していた以上に立派な建物でした。

 

f:id:kukumama:20190513221411j:plain

 

今回、短期ボランティアに参加しているのは私を含め3名でした。

 

病院内ではカンボジア人の医療スタッフ(医師や看護師、通訳など)と一緒に各自の強みを生かして、できることを行っています。

もちろん、日本人で長期在住しているスタッフもいるので、協力して頑張っています。

 

f:id:kukumama:20190513221710j:plain

 

道路などにはガリガリに痩せた牛?がそこらにおり、病院内の草も食べに来ていました。

日本ではありえないかもしれないですが、カンボジアでは誰も気にしません。

 

f:id:kukumama:20190513221913j:plain

 

男性寮はこんな感じで、職種関係なく共同生活をします。

蚊などの虫が多いので蚊帳を張って寝ます。

布団はなくゴザを敷いただけのシンプルな寝床です。

 

虫だけでなく色々な生き物も共同生活しています。

 

↓ コウモリが住み着いているようで、網に引っかかっていました。

f:id:kukumama:20190513222149j:plain

 

今日は施設の説明や治療に使用するガーゼ作り、膝関節に膿瘍が溜まった方のリハビリ指導など新鮮な体験ができました。

 

食事もめっちゃ美味しく、まだ1日目ですがカンボジアを好きになりました。

 

 

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦

 

 

 

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

死にゆく子どもを救え―途上国医療現場の日記

 

 

【旅行】小笠原諸島への旅⑥ ウミガメに会いたい

小笠原諸島への旅の続きです。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

 小笠原諸島へせっかく行ったし、ウミガメに会いたいなぁ~

でも、海に潜るのは不安やぁ~

って方にオススメのところがあります。

 

ウミガメの自然誌: 産卵と回遊の生物学

ウミガメの自然誌: 産卵と回遊の生物学

 

 

しかも、無料!!

 

f:id:kukumama:20190421173719j:plain

 

小笠原海洋センターです。

二見港から歩いて行けます。海洋センターの横には綺麗なビーチもあります。

 

海亀の生態についても、詳しく学ぶことができますよ。

 

f:id:kukumama:20190421174910j:plain

 

海亀の甲羅に入ることもできます。

 

f:id:kukumama:20190421175336j:plain

f:id:kukumama:20190421175401j:plain

 

ウミガメに餌をあげることもできます!

 

f:id:kukumama:20190421175508j:plain

 

アオウミガメ

主に水深の浅い海岸域に生息。日本でも繁殖しており、小笠原諸島は特に産卵地として有名です。低温へも耐性があるようです。

植物食で海藻を主に食べます。

 

f:id:kukumama:20190421175519j:plain

 

アカウミガメ

温帯から亜熱帯にかけての海洋に生息。日本でも宮城県より南部にて繁殖が確認されている。動物食傾向の雑食です。

 

f:id:kukumama:20190421175527j:plain

タイマイ

日本では石垣島などで生息が確認されています。サンゴ礁が発達して海洋に生息し、海洋を回遊することは少ないようです。

動物食で主にカイメンやサンゴ、甲殻類などを食べます。

 

f:id:kukumama:20190421180701j:plain

f:id:kukumama:20190421180714j:plain

f:id:kukumama:20190421180732j:plain

 

小笠原海洋センターの裏には、ウミガメの養殖もしており子亀たちが元気に泳いでいました。

 

f:id:kukumama:20190421180918j:plain

 

砂場では産卵も行っているみたいですね。

 

小笠原海洋センターはオススメの観光スポットでした。

 

 

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

 

 

【旅行】小笠原諸島への旅⑤ 小笠原でしか食べられない〇〇とは?

小笠原諸島への旅への続きです。

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

 

続いては小笠原諸島でしか食べられない物を食べました。

 

f:id:kukumama:20190421172946j:plain

 

これが何かわかるでしょうか?

 

f:id:kukumama:20190421173018j:plain

 

煮込み料理もあります。

 

この食材はいったい。。。

 

 

ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島 (かいてーばん) ([テキスト])

ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島 (かいてーばん) ([テキスト])

 

 

 

この食材の正体は・・・

 

f:id:kukumama:20190421173331j:plain

 

ウミガメです!!

 

小笠原諸島では今の時期が漁期間でウミガメを捕っています。

 

ウミガメの刺身は臭みもなく美味しかったです。

 

ウミガメの煮込みは脂肪の部分が入っており、少しケモノ臭さはあるものの、私は美味しいと感じました。

 

冷凍は販売されており、購入もできるみたいです。

 

刺身、煮込みともに約1000円です。是非、食べてみてください。

 

 

 

推理クイズ道場 ウミガメのスープ (電脳番外地)

推理クイズ道場 ウミガメのスープ (電脳番外地)

 

 

 

 

 

【旅行】小笠原諸島への旅④ 最初に立ち寄るべき!!

小笠原諸島への旅の続き

 

ことりっぷ 小笠原 伊豆大島・八丈島 (旅行ガイド)

ことりっぷ 小笠原 伊豆大島・八丈島 (旅行ガイド)

 

 

 

f:id:kukumama:20190421134229j:plain

 

小笠原ビジターセンターへ立ち寄りました。

二見港から歩いてすぐ~

 

f:id:kukumama:20190421134408j:plain

 

f:id:kukumama:20190421134358j:plain

 

小笠原諸島の文化や歴史、生物などに関して多くの情報を得ることができます。

 

f:id:kukumama:20190421134615j:plain

f:id:kukumama:20190421134628j:plain

 

新編 鳥島漂着物語 18世紀庶民の無人島体験

新編 鳥島漂着物語 18世紀庶民の無人島体験

 

 

f:id:kukumama:20190421134651j:plain

f:id:kukumama:20190421134705j:plain

f:id:kukumama:20190421134721j:plain

f:id:kukumama:20190421134733j:plain

 

現代でも海を渡るのが大変なのに、昔の人はすごいなぁ~

 

近代日本と小笠原諸島―移動民の島々と帝国

近代日本と小笠原諸島―移動民の島々と帝国

 

 

 

f:id:kukumama:20190421134858j:plain

f:id:kukumama:20190421134906j:plain

 

f:id:kukumama:20190421134930j:plain

 

小笠原諸島周辺の海のことも解ります。

 

f:id:kukumama:20190421134918j:plain

f:id:kukumama:20190421135040j:plain

f:id:kukumama:20190421135050j:plain

 

小笠原諸島は一度も陸続きになったことがないため、独自の進化を遂げた生物がたくさん生息しています。

しかし、ヤギや猫、ネズミなど持ち込まれ増えてしまった生物もあるのが現状です。

駆除のために捕獲したりしているみたいです。

f:id:kukumama:20190421135322j:plain

f:id:kukumama:20190421135339j:plain

 

小笠原諸島の周りには2~4月頃にクジラが近づいてきます。

ホエールウォッチングが有名です。

クジラの生態についても学ばせてもらいました。

f:id:kukumama:20190421135426j:plain

 

小笠原諸島

小笠原諸島

 

 

f:id:kukumama:20190421135614j:plain

 

父島のシュノーケリングのポイントも掲示しています。

流れがあり危険なところはしっかりチェックしておく必要がありますね~

 

あと・・・

 

f:id:kukumama:20190421135633j:plain

 

サメがたくさん生息しているので、注意が必要です。(ビジターセンター裏の大村海岸で波打ち際を泳いでいました。)

昼は大人しいといわれますが、実際に襲われている方もおられるので油断はできません。

 

f:id:kukumama:20190421135932j:plain

 

港で休んでいるサメも!!

体長は150㎝ほどでした。

 

自然が豊かな証ですね!

 

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

 

 

 

ほぼ命がけサメ図鑑

ほぼ命がけサメ図鑑

 

 

 

【旅行】小笠原諸島への旅③ 小笠原村診療所

小笠原諸島への旅の続き

 

宿に荷物を置き、小笠原村診療所を訪問させていただきました。

 

f:id:kukumama:20190421133804j:plain

 

小笠原諸島には父島と母島に診療所があります。

 

父島の診療所は二見港からあるいて5~7分くらいのところにあります。

2階建てで1階が診察や検査、手術室、2階は入院施設や有料老人ホームが併設されています。とても綺麗で新しい建物でした。

 

医師は3名、看護師9名、助産師1名、薬剤師1名、臨床検査技師1名、X線技師1名、理学療法士1名、栄養士1名、調理師3名+非常勤のスタッフが働かれています。

離島の診療所としては、大きいほうではないでしょうか⁈

 

慢性疾患や外傷などの方が受診されることが多いようです。

悲しいことですが海での窒息も運ばれてくることがあり、呼吸器管理などもできる設備が備わっています。

また4単位の輸血も準備されていて、これだけの離島で輸血ができるのは日本国内でここだけだと思います。

 

もちろん救急を要する場合もあり、飛行艇や救助ヘリなどを要請することもありますが、要請の一報を入れてから実際に搬送されるのに早くても半日はかかるそうです。そのため、状態の安定化や管理は診療所の医師、看護師が重要な役割を担っています。

 

診療所で働くスタッフにもお話を聞かせていただきました。

内科、外科ともに小児~高齢者まで対応が必要とされ、入院前~退院後も関わっていくため幅広い支援ができることが大切になります。

そのためには、ある程度の経験を積んでからの就職が望ましいとのことでした。

 

難しさは当然ありますが、離島医療でのやりがいはとてもあると思いました。

また一方で、離島やへき地医療において新人教育が難しいと断られることが多いのですが、新人教育システムができれば若い人材も働くことが可能になっていくのではないかと思いました。

 

ちなみに長期休暇も取得可能とのことで、3週間~1か月をまとめて休まれる方も多いそうです。

 

とても良い勉強になりましたし、色々な気付きがありました。

対応していただいた、診療所スタッフの方々には感謝申しあげます。

 

興味のある方は、募集を確認してみてはどうでしょうか?採用試験は初芝桟橋で受けることができます。

 

 

離島病院奮戦記

離島病院奮戦記