kukumamaブログ

アウトドア好きの旅好きブログです。旅・Outdoor・BushCraft・カメラ・写真・登山・釣り

【時計】PROTREK PRG-240‐1JF 使いやすい‼

こんにちはkukumamaです。

 

長年愛用していたG-shockの時計が古くなり、バンドが切れそうになってきたので新しく時計を買い換えました。

10年以上は使っています。

f:id:kukumama:20191002221906j:plain

f:id:kukumama:20191002221900j:plain

 

今回、時計を買い換えるにあたり、どんな時計にするか悩みました。

 

私が時計に求める条件として

①とにかく丈夫であること

②アウトドアシーンで使用するため防水であること

③気圧や温度などが解ること

などがありました。

 

そこで、最初に候補になったのがCASIOのPROTREKシリーズです。

f:id:kukumama:20191002222316j:plain

以前から気になってはいたものの、G-shockがとてもタフで壊れないため購入する機会がありませんでした。

 

今回、PROTREKの中でも低価格なものの中から選ぶことにしました。

それは何故かというと、低価格~高価な物までありますが、すべてトリプルセンサーが使用されているためです。

そのため低価格帯であっても高価な時計と機能は同じなのです。

 

PROTREK PRG‐270‐1AJF  店舗価格で1万8000円くらい

 

[カシオ]CASIO 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1AJF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1AJF メンズ

 

 

 

[カシオ]CASIO 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1JF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-270-1JF メンズ

 

 PROTREK PRG‐330‐1AJF 店舗価格で1万9000円くらい

 

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-330-1JF メンズ ブラック

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-330-1JF メンズ ブラック

 

 

 

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-330-1AJF メンズ ブラック

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-330-1AJF メンズ ブラック

 

 

 PROTREK PRG‐240‐1JF 店舗価格で2万円くらい

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-240-1JF ブラック

[カシオ] 腕時計 プロトレック ソーラー PRG-240-1JF ブラック

 

 PROTREK PRT‐B50‐1JF 店舗価格で2万2000円くらい

 

機能や見た目、値段などから PROTREKの240、270、330、B50シリーズに絞り込みました。

実際に店舗に行き試着をしてみたのですが、

270は大きくて重たく着け感がイマイチ

330はややコンパクトでいい感じなんですが何となくかっこ悪い

B50はかっこよく着け感もいいのですがコンパスや気圧などの表示が見にくく他はタフソーラーなのに対して電池式なので2年で切れてしまいます

240は見た目や着け感が良く軽い、そして2層液晶でかっこいいんです!!

どれも良かったんですが、私は PROTREK PRG‐240‐1JFを気に入ったので購入することにしました。Amazonで1万9000円くらいだったかな。

 

f:id:kukumama:20191002224615j:plain

f:id:kukumama:20191002224631j:plain

 

良い感じです。

 

f:id:kukumama:20191002224719j:plain

f:id:kukumama:20191002224729j:plain

 

G-shockと比べてあまりサイズは変わらない感じです。

ですが、ベルトがいいのか軽く感じますし、着けている感覚はない感じです。

 

それに2層液晶がかっこいい‼‼

温度計は装着してると体温も加味してしまい正しい計測ができないですが、気圧計や高度計などは最高です。

とくに気圧計は天気がどう変わるのかを予測できるのでかなり便利です。

 

上記にあげた時計はすべて10気圧防水です。G-shockは20気圧防水。

普段使いなら全く問題ないのですが、海に潜ったりする際は使えないです。。。

PROTREKの20気圧防水シリーズになると値段があがりますが、水辺では安心して使用できます。

 

 ↓20気圧防水シリーズ

[カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-3510-1JF ブラック

[カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-3510-1JF ブラック

 

 

 

[カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-1AJF ブラック

[カシオ] 腕時計 プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-1AJF ブラック

 

 

めっちゃ気に入ったので、これからガシガシ使っていきたいとおもいます。

【登山】高尾山へサイクリング&ハイキング

こんにちはkukumamaです。

 

だいぶ過ごしやすい季節になりましたね♪

 

今日はロードバイクでサイクリング&高尾山ハイキングへ行ってきました。

今まで高尾山は観光客が多いイメージがあり、行くのをためらっていましたが、サイクリングで高尾山口まで行ってみようと思い向かうことにしました。

 

友達から譲ってもらったロードバイクで片道10㎞くらい走りました。

普段から乗っていますが、自転車で遠くに行くことがなかったので、この距離は初めてでしたが、さすがロードバイク‼‼スイスイ進んでくれます。

自転車が楽しくなりました。

 

家を出るのが遅く12時くらいだったので、高尾山口に到着したのが13時ころ。

元々は登るつもりはなかったのですが、近くに無料の駐輪場があったのでそこに自転車を置いて、散策してみることにしました。

 

f:id:kukumama:20190927221500j:plain

高尾山口駅はとっても綺麗でした。

また、温泉もあるので登山で汗をかいても、さっぱりして帰ることができるのもいいところです!

 

f:id:kukumama:20190927221643j:plain

高尾山口駅(登山口)から高尾山頂へはいくつものルートがありますが、稲荷山コースで登ることにしました。約90分の予定です。

 

f:id:kukumama:20190927222003j:plain

f:id:kukumama:20190927222010j:plain

歩きやすい山道を進みます。

幼稚園児や小学生なども登っていました。観光や登山初心者の方でも登りやすいと思いました。

f:id:kukumama:20190927222413j:plain

私は山での歩きが割と早い方なので参考になるかわかりませんが、約50分で山頂の山頂の手前まで来ました。

f:id:kukumama:20190927222626j:plain

 

f:id:kukumama:20190927222605j:plain

f:id:kukumama:20190927222612j:plain

ちょうど1時間で山頂につきました。

山頂には食事ができたり、お酒がのめたり、アイスクリームがあったりで賑わっていました。

ビジターセンターで高尾山のことをしるのもいいかもしれません。

※山頂には無料の飲み水(水道)がありました。

 

f:id:kukumama:20190927223031j:plain

今日はあまり天気が良くなかったですが、晴れていたら展望は良いでしょうね♪

 

f:id:kukumama:20190927223153j:plain

f:id:kukumama:20190927223200j:plain

山頂の近くまでケーブルカーがあるので、利用してみてもいいかもしれませんね!

f:id:kukumama:20190927223558j:plain

下山は6号というコースで降ります。

f:id:kukumama:20190927223717j:plain

f:id:kukumama:20190927223725j:plain

小さな沢沿いを降りていきます。

私は沢沿いが好きです!水辺の近くは動植物が多いからです。

 

ただ、今は倒木などの影響で一部通行禁止になってしました。

f:id:kukumama:20190927224110j:plain

f:id:kukumama:20190927224120j:plain

f:id:kukumama:20190927224204j:plain

 

自宅から自転車で行ける範囲なので、たまにサイクリングに来てもいいかと思いました。

是非、行ってみてください。

 

新版 高尾山登山詳細図 全112コース 1:12,500 (首都圏登山詳細図)

新版 高尾山登山詳細図 全112コース 1:12,500 (首都圏登山詳細図)

 

 

 

山と高原地図 高尾・陣馬 (山と高原地図 28)

山と高原地図 高尾・陣馬 (山と高原地図 28)

 

 

 

やってはいけない山歩き (青春新書プレイブックス)

やってはいけない山歩き (青春新書プレイブックス)

 

 

 

首都圏1000kmトレイル2 詳しい地図で迷わず歩く! 奥多摩・高尾384? 特選ハイキング30コース

首都圏1000kmトレイル2 詳しい地図で迷わず歩く! 奥多摩・高尾384? 特選ハイキング30コース

 

 

まるっと 高尾山 こだわり完全ガイド

まるっと 高尾山 こだわり完全ガイド

 

 

 

ポケット版ネイチャーガイド 高尾山の自然図鑑

ポケット版ネイチャーガイド 高尾山の自然図鑑

 

 

【意見求む】離島、へき地医療について考える。

こんにちはkukumamaです。

 

 

個人的な夢の一つでもある、離島やへき地医療を支える仕組み作りについて考えていきたいと思います。私には何ができるのかを考えるために、大好きな五島列島を離れ、客観的に考えるようにしました。

現在、私がいるところでは、今後の解決策になると思われるアイデアや取り組みを学び、実際にどう活用していくのかを考えるキッカケになっています。

毎日が今後につながるという実感を感じながら働けており、毎日楽しく仕事をしています。

 

では、本題に入ります。 

日本には約6500島以上もの離島があり、また無医村がない都道府県は2016.10の調査で山形、埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、佐賀、長崎とされており、その他の都道府県には無医村地区が存在しています。

 

この調査で少し驚いたのは、離島が多い長崎県に無医村地区がないということ。

以前、実際に住んでいたのでわかるのですが、確かに無医村地区と判断されないかもしれないですが、少しの距離でも海を渡らなければ診療所に行けない、また診療所に行けても緊急を要する場合は対応ができないという地域があるのが現実です(実際はほとんど運用していない診療所もあります)。

また、東京や大阪などでも、田舎の方へ行けば十分な設備が整っているとは言い切れないと思います。

 

では、どうすればこの問題を解決していけるのか?

 

無医村地区を救済するための日本の対応の1つとして医師の人数を増やすということがなされています。確かに無医村地区には医師が必要です。しかし、この取り組みは本当に正しいのでしょうか?

毎年、1万人近い医師が卒業(子供100人に対し1人の割合)し、臨床の現場へ出て行っています。しかし、無医村問題は解決していないし、今後の日本の人口動態や医療費問題などを考えると、単に医師を増やせばいいということはないのではないかと考えます。

このまま医師が増やし続けると、医師が余ることが予測されますし、では無医村地区に行こうという医師がどれほどいるのでしょうか?増えた医師を雇う財源はどうするのでしょうか?

医師免許を持ちながら、実際は働いていない方も多くおられると思います。それは、看護師不足も同じことが言えます。資格取得者の約3分の1が潜在看護師というデータもあります。この問題は国も取り組んでいますが、なかなか解決しない問題でもあります。

 

これらの問題がなぜ解決しないのか?

答えは「お金がないから」に集約されると思います。

 

個人的に色々と勉強してみえてきたことの1つに国民皆保険と診療報酬制度が、日本の医療費を圧迫している原因の1つであることが解りました。いい医療を提供していようが、していまいが値段が同じなのです。

 

医療者不足の地域でいくら頑張っても、その見返りがないですし、他よりも人不足で忙しく、給料が低いというのが現状です。根本的に方向転換していく時代がきているのではと考えます。

 

とは言っても、すぐにできる問題でないということは誰でも容易に解ります。だからこそ考え続ける必要があるのだと思います。

 

初めの話に戻りますが、どうすれば離島やへき地などの医療が不足している地域、住民を支えていけるのでしょうか?

今の時代だからこそ、テクノロジーを活用してはどうかと思います。

 

もうすでに運用されているシステムですが、健康診断や診察が携帯で、しかも格安(ワンコイン)で受けられるサービスはどうでしょうか?

私は、とても画期的だと思いました。普段から検診を受けることで予防や早期発見につながることは間違いないと思います。

離島やへき地では病院へ行くまでに時間がかかる場所が多いので、重症化する前に予測、診断できることはとても重要だと思いますし、医師がその場にいなくても良いということがメリットの1つだと思います。

 

私の離島やへき地について考えや予測していることと、実際に各地域で困っていることが違うことも多いと思います。実際に、その地域


に住んでみないと解らないことも多くあると思います。とは言っても、すべての地域を訪れることは難しいと思うので、情報共有できるシステムを考えて行ければと考えています。

 

色々な意見を頂けると、さらに考えが広がるのでありがたいです。よろしくお願いします。

f:id:kukumama:20190821205706j:plain

五島列島の海と島

f:id:kukumama:20190821205759j:plain

高知県沖ノ島の港

 

【登山】富士登山へ行ってきました

こんにちはkukumamaです。

 

先日、富士登山へ行ってきました。

以前にも登ったことがあるのですが、個人的な感想では富士山は登るよりも見る方がオススメの山です。

ですが、日本人なら一度は登ってみてもいいのではないでしょうか?!

 

今回の登山予定は7/25~7/26にかけて、吉田ルートをご来光を見る予定で登ります。

そのため登山開始は5合目を21:30に出発し、ゆっくり登り4時頃のご来光を見ます。

今回のメンバーはほぼ登山経験のないメンバー達と一緒なので、いつもとは違った緊張感や楽しみがありそうです。

 

f:id:kukumama:20190812192324j:plain

 

平日だったので比較的に人は少なめですが、外国からの方が多いです。

問題にもなっていますが、薄着や装備なしで登る方も多くいました。

 

結果的には途中で何人も体調が悪くなって動けなくなっている方がいました。

富士山はアクセスもよく登りやすい山ですが、標高が高く、気温も低いため注意が必要な山です!!

 

f:id:kukumama:20190812192624j:plain

 

夜なので景色は見えませんが、星は綺麗でした。

 

f:id:kukumama:20190812192703j:plain

 

ゆっくり登っていたので、頂上に着く前に日の出時刻になってしまい9合目あたりでご来光を見ました。

私的には高山病予防でゆっくり登りたいと思っていたので丁度良かったです。

 

山頂付近は雨+冷たい風が吹き付け、人が多く休むところがなかったので、すぐに下山開始し8合目あたりの小屋で朝食をとりました。

f:id:kukumama:20190812193003j:plain

 

浮石や柔らかい砂などで転びそうになりながら下山していきます。疲労もたまっているので注意が必要です。

f:id:kukumama:20190812193131j:plain

 

木々が生えていないので、個人的にはあまり楽しみを見つけるのが難しい山ですが、さすが日本一の富士山!景色は最高です。

 

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山 (山と高原地図 32)

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山 (山と高原地図 32)

 

 

 

富士山ブック 2019 (別冊山と溪谷)

富士山ブック 2019 (別冊山と溪谷)

 

 

 

富士山絶景 眺めに行きたいベストスポット50 (ぴあ MOOK)

富士山絶景 眺めに行きたいベストスポット50 (ぴあ MOOK)

 

 

 

富士登山パーフェクトガイド (大人の遠足BOOK)

富士登山パーフェクトガイド (大人の遠足BOOK)

 

 

 

【観光】奈良井宿 長野県塩尻市

こんにちはkukumamaです。

 

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (るるぶ情報版 中部 26)

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (るるぶ情報版 中部 26)

 

 

 

木曽路―歴史と文学の旅 (1971年) (カラーブックス)

木曽路―歴史と文学の旅 (1971年) (カラーブックス)

 

 

長野県塩尻市にある奈良井宿へ観光に行ってきましたので紹介します。

f:id:kukumama:20190626101416j:plain

道の駅に車を止めさせてもらい、まずは道の駅で情報収集をしました。

f:id:kukumama:20190626101611j:plain

f:id:kukumama:20190626101618j:plain

f:id:kukumama:20190626101627j:plain

f:id:kukumama:20190626101657j:plain

昔の宿が立ち並んでいることが解ります。

次に奈良井駅の中にある観光案内所へ寄りました。

f:id:kukumama:20190626101843j:plain

f:id:kukumama:20190626101851j:plain

親切に教えていただきました!

せっかくなので蕎麦を食べようとおもいます。

ですが、飲食店はほとんどが11時30分から開店のようで、この時はまだ9時過ぎでした。

f:id:kukumama:20190626101958j:plain

観光案内所でハイキングコースがあることを教えてもらい、準備をして行ってみることに!

片道が約2時間のコース。

f:id:kukumama:20190626102222j:plain

奈良井宿を通り抜け、山道へ入っていきます。

f:id:kukumama:20190626102241j:plain

f:id:kukumama:20190626102258j:plain

f:id:kukumama:20190626102307j:plain

f:id:kukumama:20190626102313j:plain

f:id:kukumama:20190626102321j:plain

約1時間歩き峰の茶屋へ着きました。

中は綺麗で、小屋泊もできそうな感じでした。

f:id:kukumama:20190626102332j:plain

近くの水溜りにはオタマジャクシがいっぱいいました。

f:id:kukumama:20190626103528j:plain

この先に行く分岐点が少し解りずらいのですが、熊避けの鈴を目印に行くといいかと思います。

6月初旬に子連れの熊も目撃されており、注意が必要です。

私はここから奈良井宿へ戻ることに。お腹ペコペコですし!

f:id:kukumama:20190626103809j:plain

f:id:kukumama:20190626103817j:plain

f:id:kukumama:20190626103824j:plain

f:id:kukumama:20190626103857j:plain

f:id:kukumama:20190626103918j:plain

f:id:kukumama:20190626103929j:plain

f:id:kukumama:20190626104015j:plain

f:id:kukumama:20190626104029j:plain


f:id:kukumama:20190626104005j:plain

奈良井宿へ戻り、お蕎麦屋を探すことに!

f:id:kukumama:20190626104124j:plain

街並みが綺麗です。

私は奈良井宿で最も古いお蕎麦屋へ入ることにしました。

f:id:kukumama:20190626104227j:plain

f:id:kukumama:20190626104326j:plain

築180年だそうです。

さすがに改築もしており柱や壁の色が黒180年 茶色100年 白8年とのこと。

f:id:kukumama:20190626104335j:plain

f:id:kukumama:20190626104344j:plain

f:id:kukumama:20190626104349j:plain

めっちゃ美味しい!!

180年の歴史を感じながらいただきました!

 

 

【登山】 6月下旬 八ヶ岳 テント泊縦走 3日目

こんにちはkukumamaです。

 

2019.6.19~6.21にかけて八ヶ岳を縦走してきました。

 

 

 

 

 

今回の予定は

1日目:

 

kukumama.hatenablog.com

桜平駐車場(中)~夏沢鉱泉~オーレン小屋~峰の松目~赤岩の頭~赤岳鉱泉~行者小屋⇔赤岳展望荘

 

2日目:

 

kukumama.hatenablog.com

行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~横岳~硫黄岳~夏沢峠~本沢温泉(日本最高峰の露天風呂)

 

3日目:

本沢温泉~白砂新道~東天狗岳⇔西天狗岳根石岳根石岳山荘~箕冠岳~夏沢峠~オーレン小屋~夏沢鉱泉~桜平駐車場

 

 

6月21日 昨夜も雨やヒョウが降りました。

今日の予定はゆっくりなので、遅めの出発です。

 

7時40分 小屋の方に白砂新道の様子を教えてもらい出発!

f:id:kukumama:20190626072514j:plain

景色は無いですが、緑豊かな道を登っていきます。

f:id:kukumama:20190626072701j:plain

まだ桜が残っていました。

f:id:kukumama:20190626072720j:plain

約1時間半登ると開けた、見晴らしの良いところにでます。

遠くまで見えていて最高です。

f:id:kukumama:20190626072859j:plain

9時00分 本沢温泉分岐部まできました。

ここに荷物を置いて今から東天狗岳(右)と西天狗岳(左)へアタックします。

f:id:kukumama:20190626073124j:plain

f:id:kukumama:20190626073139j:plain

f:id:kukumama:20190626073148j:plain

f:id:kukumama:20190626073211j:plain

すごい断崖絶壁!

50m以上は落ちています。滑落したら助からないですね・・・

f:id:kukumama:20190626073217j:plain

北アルプスも見えていました。

f:id:kukumama:20190626073232j:plain

約20分で東天狗岳山頂へ到着

八ヶ岳が一望できました。

f:id:kukumama:20190626073621j:plain

西天狗岳へ向かいます。

f:id:kukumama:20190626073628j:plain

9時35分 東天狗岳から約15分で着きました

山頂は広場になっており晴れていれば景色最高だと思います。

f:id:kukumama:20190626073838j:plain

f:id:kukumama:20190626073852j:plain

さぁ帰りますか!

f:id:kukumama:20190626073946j:plain

f:id:kukumama:20190626074032j:plain

f:id:kukumama:20190626074051j:plain

f:id:kukumama:20190626074110j:plain

10時30分 根石岳山荘

f:id:kukumama:20190626074312j:plain

箕冠山山頂から夏沢峠へ

f:id:kukumama:20190626074349j:plain

f:id:kukumama:20190626074405j:plain

昨夜のヒョウがたくさん残っていました。

f:id:kukumama:20190626074436j:plain

 

f:id:kukumama:20190626074520j:plain

f:id:kukumama:20190626074510j:plain

f:id:kukumama:20190626074509j:plain

12時00分すぎには桜平駐車場へ戻ってきました。

唐沢鉱泉と桜平の分岐部まで下りてきました。

初めての八ヶ岳はとても楽しかったです!

 

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図 33)

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図 33)

 

 

 

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (マップルマガジン 甲信越 6)

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (マップルマガジン 甲信越 6)

 

 

 

 

【登山】 6月下旬 八ヶ岳 テント泊縦走 2日目

こんにちはkukumamaです。

 

2019.6.19~6.21にかけて八ヶ岳を縦走してきました。

 

今回の予定は

1日目:

kukumama.hatenablog.com

 桜平駐車場(中)~夏沢鉱泉~オーレン小屋~峰の松目~赤岩の頭~赤岳鉱泉~行者小屋⇔赤岳展望荘

 

2日目:

行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~横岳~硫黄岳~夏沢峠~本沢温泉(日本最高峰の露天風呂)

 

3日目:

kukumama.hatenablog.com

 本沢温泉~白砂新道~東天狗岳⇔西天狗岳根石岳根石岳山荘~箕冠岳~夏沢峠~オーレン小屋~夏沢鉱泉~桜平駐車場

 

6月20日 八ヶ岳縦走2日目です。

f:id:kukumama:20190625204310j:plain

夜中は雨が降り続き、朝4時過ぎにやみました。

 

朝食を食べ、濡れたテントをバックへしまい、朝6時ころに阿弥陀岳に向けて出発です。

昨夜の雨で地面は濡れていますが、天気は快晴でした。

今から登る阿弥陀岳も綺麗に見えています。

 

f:id:kukumama:20190625204626j:plain

f:id:kukumama:20190625204642j:plain

後で目指す赤岳(左)と中岳(右)も綺麗です。

 

約45分登り、阿弥陀岳と中岳の分岐点にきました。

f:id:kukumama:20190625204925j:plain

ここに荷物を置いて、阿弥陀岳にアタックします。

f:id:kukumama:20190625204945j:plain

f:id:kukumama:20190625205047j:plain

 

結構な急斜面を約25分登ります。

地面も脆く、ヒヤヒヤしながら登ります。

 

f:id:kukumama:20190625205234j:plain

頂上は見晴らし最高で南八ヶ岳が一望できます。

南アルプスも見えていました。

f:id:kukumama:20190625205305j:plain

少しずつ雲ができてきたので、あまりゆっくりせずに赤岳を目指します。

f:id:kukumama:20190625205553j:plain

阿弥陀岳を下り、少し登り返すと中岳頂上です。

ここから赤岳へ続く道が見えますが、なかなか大変そうです。

f:id:kukumama:20190625205736j:plain

赤土の赤岳をボチボチ登っていきます。

f:id:kukumama:20190625205859j:plain

ちょうど8時に文三郎道との分岐点まで上がってきました。

f:id:kukumama:20190625205925j:plain

登ってきた道を振り返ると絶景でした。

f:id:kukumama:20190625210124j:plain

f:id:kukumama:20190625210155j:plain

8時10分 

さぁ、ここからが赤岳の本番です!!

岩場を登っていきます。落石や滑落に注意して進みます。

f:id:kukumama:20190625210352j:plain

 

f:id:kukumama:20190625210458j:plain

後少しで頂上です。

ひと踏ん張り・・

f:id:kukumama:20190625210633j:plain

f:id:kukumama:20190625210653j:plain

きたー

f:id:kukumama:20190625210822j:plain

8時30分 ついに赤岳山頂へ到着。達成感ありますー!

f:id:kukumama:20190625210847j:plain

赤岳山頂山荘の手前でかわいい小鳥ちゃん。

f:id:kukumama:20190625211016j:plain

赤岳山頂山荘で少しゆっくり休憩します。

ここで今後の天気を確認すると、昼からは急に局所的な雨が降る可能性があるとのこと。

午前中に稜線を通過したいところです!

f:id:kukumama:20190625211241j:plain

行者小屋(手前)と赤岳鉱泉(上)があんなに遠くに!

f:id:kukumama:20190625211408j:plain

少しガスが増えてきました。

今から通る稜線はとても綺麗でワクワクします。

f:id:kukumama:20190625211540j:plain

f:id:kukumama:20190625211601j:plain

f:id:kukumama:20190625211659j:plain

9時10分に赤岳展望荘を通過ー

f:id:kukumama:20190625211822j:plain

f:id:kukumama:20190625211858j:plain

三又峰を目指しますー

f:id:kukumama:20190625212015j:plain

f:id:kukumama:20190625212033j:plain

f:id:kukumama:20190625212124j:plain

f:id:kukumama:20190625212140j:plain

赤岳から横岳の道は危険個所もあり、注意が必要でした。

10時20分に三又峰を通過ー

f:id:kukumama:20190625212325j:plain

横岳の手前でウルップソウが咲いていましたー

 

f:id:kukumama:20190625212344j:plain

途中にはお花畑もあって癒されました。

10時35分に横岳到着。

f:id:kukumama:20190625212649j:plain

台座の頭を通過し硫黄岳山荘に11時00分に到着

横岳からの道は危険なところもなく緩やかでした。

f:id:kukumama:20190625212711j:plain

f:id:kukumama:20190625212901j:plain

硫黄岳山荘から硫黄岳に登る途中にコマクサの群生地があるのですが、まだ小さい葉が出ている程度でした。

f:id:kukumama:20190625212930j:plain

小屋から約20分登れば硫黄岳山頂です。

f:id:kukumama:20190625213202j:plain

11時45分に硫黄岳山頂に到着

登っているとガスが充満してきて、景色zeroでした。

f:id:kukumama:20190625213225j:plain

すぐそこは火山口で断崖絶壁です!!

f:id:kukumama:20190625213457j:plain

f:id:kukumama:20190625213528j:plain

f:id:kukumama:20190625213612j:plain

f:id:kukumama:20190625213634j:plain

12時30分に夏沢峠に到着

この小屋にはモモンガやヤマネが住み着いています。

この日は閉まっていました。

 

f:id:kukumama:20190625213818j:plain

夏沢峠から約1時間ほど苔むした道を下ると本沢温泉が見えてきます。

f:id:kukumama:20190625214014j:plain

f:id:kukumama:20190625214055j:plain

f:id:kukumama:20190625214042j:plain

13時30分に本沢温泉に到着

今回の縦走の一番のメインは本沢温泉小屋に来ることでした。

 

それは何故かというと・・・

 

f:id:kukumama:20190625214414j:plain

 

これです!!

入りに来ました。

 

f:id:kukumama:20190625214539j:plain

受付を済ませます。テント600円、野天風呂600円。

テントを張る場所を間違えました。

f:id:kukumama:20190625214905j:plain

 

ビールを持って、さぁ行ってみましょう!!

f:id:kukumama:20190625214629j:plain

f:id:kukumama:20190625214717j:plain

f:id:kukumama:20190625214801j:plain

山道を約10分歩きます。

f:id:kukumama:20190625214932j:plain

f:id:kukumama:20190625214933j:plain

川沿いにあるため、脱衣所も無ければ、山道から丸見えですー

一応、混浴ですー

f:id:kukumama:20190625214949j:plain

服を脱ぎ。

f:id:kukumama:20190625215413j:plain

f:id:kukumama:20190625215433j:plain

絶景を見ながら

f:id:kukumama:20190625215602j:plain

銀色のやつ!!

f:id:kukumama:20190625215729j:plain

本当にお湯の質が良くて、、滅茶苦茶気持ちがいいです!

温泉だけ入りに来るのもオススメ!!

本当に良いお湯です。

 

 

安心してください!!

f:id:kukumama:20190625220248j:plain

はいてますよ!!

 

本当に最高で2時間も入りましたー

 

f:id:kukumama:20190625220431j:plain

f:id:kukumama:20190625220524j:plain

夕方から雷雨になり、雷がゴロゴロしだしたので小屋へ避難。

 

たまたま山岳ガイドの方と一緒になったので、色々をお話しをしました。

 

 

PEAKS特別編集 最新版 八ヶ岳トレッキングガイド (エイムック 3815)

PEAKS特別編集 最新版 八ヶ岳トレッキングガイド (エイムック 3815)

 

 

 

自然を楽しむ温泉&ウォーキング 関東周辺 (大人の遠足BOOK)

自然を楽しむ温泉&ウォーキング 関東周辺 (大人の遠足BOOK)

 

 

【登山】6月下旬 八ヶ岳 テント泊縦走 1日目

こんにちはkukumamaです。

 

2019.6.19~6.21にかけて八ヶ岳を縦走してきました。

 

今回の予定は

1日目(6/19):

桜平駐車場(中)~夏沢鉱泉~オーレン小屋~峰の松目~赤岩の頭~赤岳鉱泉~行者小屋⇔赤岳展望荘

 

2日目(6/20):

kukumama.hatenablog.com

 行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~横岳~硫黄岳~夏沢峠~本沢温泉(日本最高峰の露天風呂)

 

3日目(6/21):

kukumama.hatenablog.com

 本沢温泉~白砂新道~東天狗岳⇔西天狗岳根石岳根石岳山荘~箕冠岳~夏沢峠~オーレン小屋~夏沢鉱泉~桜平駐車場

 

今回はテント泊なので荷物が結構多くなるため、約6~7時間/日の予定で

行きます‼

 

 

 

山と溪谷 2019年5月号 「夏のテント山行 入門とガイド」

山と溪谷 2019年5月号 「夏のテント山行 入門とガイド」

 

 

 

f:id:kukumama:20190622084301j:plain

 

桜平駐車場・オーレン小屋と唐沢鉱泉 への分岐点

長野県茅野市から別荘地を車であがってきました。

ここから林道を約6㎞進みます。

 

着いたのが夜中でしたし、ガタガタ道で大変でした・・・

車幅の広い車だとするんじゃないかとも思いました。

 

f:id:kukumama:20190622084853j:plain

 

何とか桜平駐車場(中)へ到着!(上)の駐車場も見に行きましたが、さらに道がガタガタでしたし、トイレが無いのでほとんどの方(中)に停められていました。

 

数時間仮眠をとり、簡単に朝食を済ませて出発です。

曇り・雨の予報でしたがスッキリとした天気で気持ち良く出発できました。

 

f:id:kukumama:20190622085040j:plain

 

広い駐車場なので頑張ったら80台くらいは問題ないと思います。

 

f:id:kukumama:20190622085224j:plain

f:id:kukumama:20190622085302j:plain

 朝7時に桜平駐車場を出発し、7時45分に夏沢鉱泉へ到着。

f:id:kukumama:20190622172638j:plain

f:id:kukumama:20190622172817j:plain

ここで登山届を出し、次はオーレン小屋を目指します。

 

f:id:kukumama:20190622173237j:plain

林道を約50分進み、オーレン小屋へ到着

 

f:id:kukumama:20190622173355j:plain

f:id:kukumama:20190622173412j:plain

 

オーレン小屋は夏沢峠や赤岩の頭などへの分岐点になります。

私は少し休憩してから、峰の松目(2568m)を目指しました。

 

f:id:kukumama:20190622173612j:plain

f:id:kukumama:20190622173644j:plain

 

林道をテクテク歩き、9時15分ころに峰の松目へ到着

途中の分岐点に荷物はデポしてきました。急なところもあり、人があまり入っていない様子でした。

f:id:kukumama:20190622173835j:plain

何かを美味しそうに食べています。食べるのに必死過ぎてこちらに気が付いていませんでした。

 

f:id:kukumama:20190622173912j:plain

峰の松目から赤岩の頭を目指します。途中の開けた場所では南八ヶ岳の山々が一望できました。絶景を独り占めです!

 

f:id:kukumama:20190622174112j:plain

10時00分ころに赤岩の頭(2656m)へ到着。

ここからも絶景が広がっています!

 

ここからは下っていき赤岳鉱泉を目指します。

f:id:kukumama:20190622174309j:plain

f:id:kukumama:20190622174349j:plain

途中のジョウゴ沢です。ここから赤岳鉱泉までは約10分

 

f:id:kukumama:20190622174408j:plain

11時20分ころに赤岳鉱泉へ到着。って指ーーー。

f:id:kukumama:20190622174707j:plain

ここは確か通年小屋になっていると思います。

 

f:id:kukumama:20190622174459j:plain

f:id:kukumama:20190622174524j:plain

f:id:kukumama:20190622174532j:plain

中も綺麗でレンタルもやっています。

テント場もあり、ここにテントを置いて赤岳にアプローチする方もいるみたいです。

f:id:kukumama:20190622174853j:plain

トイレの脇から行者小屋へのルートがあります。

f:id:kukumama:20190622174933j:plain

f:id:kukumama:20190622175012j:plain

 

赤岳鉱泉から約35分歩き12時00分ころに行者小屋や到着です。

f:id:kukumama:20190622175325j:plain

f:id:kukumama:20190622175329j:plain

f:id:kukumama:20190622175340j:plain

個室もあります。

多い時には100名ほどが宿泊されるそうです。

「山なめんなよ」グッツも売っています。

f:id:kukumama:20190622175144j:plain

テント泊の受付を済ませます。明日はヘリが来るみたいですね。

 

f:id:kukumama:20190622175206j:plain

テントを設営し、昼食を済ませて次へ向かいます。

 

 

 

 

アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100

アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100

 

 

f:id:kukumama:20190622175642j:plain

13時00分から地蔵尾根コースを登り、明日通る予定の稜線を下見しに行きます。

 

f:id:kukumama:20190622175703j:plain

シカちゃんにこんにちわ。

 

f:id:kukumama:20190622175711j:plain

f:id:kukumama:20190622175740j:plain

なかなかの急斜面ですし、危険な場所も多いです。

雨の日などは避けた方が無難だと思います。

 

f:id:kukumama:20190622180104j:plain

f:id:kukumama:20190622180121j:plain

地蔵の頭を通り赤岳展望荘に13時50分到着です。

ガスが多く視界が悪かったですが、稜線の感じは解りました。

明日は積乱雲ができやすい天候なので雷や雨、風があれば稜線には行かずにルート変更を考えました。

 

夕方から雨が降り夜中は雨が結構降りましたが、沢で冷やしたお酒のおかげでしっかりと眠ることができました。

 

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図 33)

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図 33)

 

 

 

PEAKS特別編集 最新版 八ヶ岳トレッキングガイド (エイムック 3815)

PEAKS特別編集 最新版 八ヶ岳トレッキングガイド (エイムック 3815)

 

 

 

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (マップルマガジン 甲信越 6)

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (マップルマガジン 甲信越 6)

 

 

【登山】6月中旬 奈良県天川村の山奥で小屋泊‼

こんにちはkukumamaです。

 

6月中旬に奈良県天川村から大峰山系へ山小屋泊へ行ってきました。

 

週刊 ふるさと百名山 27号 大峰山・倶留尊山

週刊 ふるさと百名山 27号 大峰山・倶留尊山

 

 

大きな地図で見やすいガイド 関西南部

大きな地図で見やすいガイド 関西南部

 

 

 

大阪から車で約2時間で天川村へ着きます。

 

天川村役場は登山者のために無料で開放しているようで、車を停めさせていただきました。

 

今回は天川村役場から弥山(みせん)へ登るコースを行きます。

 

泊まる小屋は弥山山頂から約1時間下にある狼平です。

 

約4時間のコース‼

 

本当は熊渡から双門コース(難コース)を登る予定でしたが、昨年の台風の影響で途中の山道が崩れているとのことで通行不可ということでコースを変更しました。

 

朝8時に天川村役場を出発し12時くらいには狼平小屋へ到着しました。

ここで、衝撃の真実が・・・

行きの写真が撮れていなかった・・・

 

f:id:kukumama:20190621195050j:plain

 

山道には残雪もなく、山道も整備されていて気持ちよく歩くことができました。

 

狼平小屋は無人で無料の小屋です。

 

弥山山頂へのアクセスも良いため、休日には多くの人が宿泊します。

 

休日に行く場合は宿泊できない可能性もあるためテントやツェルトを持っておくことがいいかと思います。

 

f:id:kukumama:20190621195437j:plain

 

小屋は2階建てで約10名ほどは泊まれます。

 

小屋の周りにはテント場もあります。10張くらいはできるんじゃないかと思います。

 

狼平小屋の隣には弥山川が流れ、水の確保も可能です。煮沸消毒や浄水は必要です。

弥山川は世界の中で自然のイワナが生息している最西の川になっており禁漁です。

 

弥山川をのぞくと大きなイワナやアマゴがたくさんいます‼

 

弥山や大峰山には何度も登頂しているため、今回は山頂へは行かずに狼平小屋でゆっくりビールでも飲んで過ごします。

弥山川でキンキンに冷やしたビールは疲れた体にしみわたります。

 

f:id:kukumama:20190621200028j:plain

f:id:kukumama:20190621200037j:plain

f:id:kukumama:20190621200042j:plain

 

 

山と高原地図 大峰山脈

山と高原地図 大峰山脈

 

 



狼平小屋の中には手作りの大峰山脈の地図が張ってあり、かなり詳しく書かれています‼

びっくりするくらい詳細なので、参考にされると安全な登山ができるかと思います。

 

夕方から明け方にかけて雨が降りました。

朝にはあがり、小屋周辺は霧がでていました。

 

f:id:kukumama:20190621200335j:plain

 

幻想的でいい感じです。

 

山道にはさまざまな草花が咲いていますが、私が好きなのは↓です。

 

f:id:kukumama:20190621200437j:plain

f:id:kukumama:20190621200442j:plain

 

ギンギョソウという花です。

 

薄暗く、湿った山道にはえていることが多く、苔の緑や落ち葉の茶色の中に白透明のかわいい花が良くはえます‼

山道の脇を注意深く探して歩いてみてください。

 

f:id:kukumama:20190621200735j:plain

f:id:kukumama:20190621200741j:plain

 

 

山の花 (新ヤマケイポケットガイド2)

山の花 (新ヤマケイポケットガイド2)

 

 

 

花の百名山登山ガイド 下 (ヤマケイアルペンガイドNEXT)

花の百名山登山ガイド 下 (ヤマケイアルペンガイドNEXT)

 

 

 

他にもたくさんの花が咲いていました。

昨日の雨のおかげで、みずみずしい感じです。

 

天川村へ旅行へ行った際に立ち寄ってもらいたい場所があります。

 

天川村からしばらく行ったところにある吉野路黒滝という道の駅です。

トイレやコンビニ、お土産が買えますし、横の川で遊ぶこともできます。少し離れたところには温泉もあるのでゆっくりしていくのもオススメです。

 

そんな見どころがたくさんある道の駅で私が紹介したいのはこれです!

 

f:id:kukumama:20190621201338j:plain

 

コンニャクです。

1串が100円で、持ち帰りもできます。

近くのお店にも売っているのですが、ここのコンニャクが私は一番好きです。

 

f:id:kukumama:20190621201452j:plain

 

美味しいので是非食べてみてください。少しピリ辛でビールにめっちゃ合います。

 

天川村にはみたらい渓谷や温泉がありますのでオススメです。

 

※夏になると渓流沿いはBBQや川遊びをする人が多く渋滞します。

今週のお題「わたしの好きな色」

また、ゴミ問題がありBBQは禁止になっていました。ゴミは持ち帰ってください。残念です・・

【旅行】アンコールワットへの旅

こんにちはkukumamaです。

 

カンボジアシェムリアップにあるアンコールワットへ行ってきました。

 

 

アンコールワットへ入るにはチケットが必要で、事前に購入しておかなければなりません。

 

f:id:kukumama:20190526140217j:plain

f:id:kukumama:20190526140229j:plain

窓口はたくさんあるのでほとんど待つことなく購入できます。

数年前に入場料が値上がりし1dayが37$、3daysが62$、7daysが72$です。11歳以下は無料ですが年齢確認が必要ですのでパスポートは持って行きましょう。

 

チケット売り場で顔写真を撮り、顔写真入りのチケットをもらいます。

 

f:id:kukumama:20190526140716j:plain

 

アンコールワットにある各遺跡ごとにチケットの提示を求められるため、すぐに出せるようにしておく方がいいです。

100均などに売っている首掛けのカードホルダーが便利かと思います。

 

チケット売り場での購入→途中の検問場でチケットを提示→各遺跡ごとにチケットを提示

 

f:id:kukumama:20190526140912j:plain

 

アンコールワットへ到着しました。

遺跡に入るためには、周辺の池を渡る必要があります。

 

f:id:kukumama:20190526141108j:plain

f:id:kukumama:20190526141135j:plain

f:id:kukumama:20190526141145j:plain

 

池を渡ると門のような大きな建物があります。

中にも石の彫刻がありますが首を壊されているものが多いです。

これもポルポロ政権時代の影響なのです。

 

f:id:kukumama:20190526141333j:plain

 

門を抜けると、アンコールワットが見えてきます。

 

f:id:kukumama:20190526141432j:plain

 

よく写真で出てくる池のところですが、風があり水面が波立ってしまっていました。

f:id:kukumama:20190526142132j:plain

 

近づいてみると、アンコールワットの大きさにびっくりします。

そして、細かい石の彫刻。

すごい!!

 

f:id:kukumama:20190526141709j:plain

 

なんとアンコールワットの建物内に入ることができます。

入れない日もあるとのことですが、当日は入場できました。

一度に入れるのは100名です。約15分待ちます。

帽子やタンクトップなどは入場できないため、服装には注意してください。

 

f:id:kukumama:20190526142456j:plain

 

かなり急な階段を登ります。

 

f:id:kukumama:20190526142537j:plain

 

アンコール遺跡からの眺めは最高でした。

奥には気球も見えます。

f:id:kukumama:20190526142632j:plain

 

f:id:kukumama:20190526142752j:plain

f:id:kukumama:20190526142805j:plain

f:id:kukumama:20190526142816j:plain

f:id:kukumama:20190526142828j:plain

f:id:kukumama:20190526142853j:plain

f:id:kukumama:20190526142910j:plain

f:id:kukumama:20190526142921j:plain

f:id:kukumama:20190526142938j:plain

 

募金をするとお祈りをしてもらうことができ、赤い紐を結んでくれます。

 

f:id:kukumama:20190526142955j:plain

 

喉が渇いたのでココナッツジュースを飲みました。

 

 

 

アンコールワット (タビトモ)

アンコールワット (タビトモ)

 

 

 

アンコール・ワットと癒しの旅 カンボジアへ (旅のヒントBOOK)

アンコール・ワットと癒しの旅 カンボジアへ (旅のヒントBOOK)

 

 

 

アンコール・ワットのサバイバル1 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

アンコール・ワットのサバイバル1 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラベルデイズ アンコール・ワット カンボジア (旅行ガイド)

トラベルデイズ アンコール・ワット カンボジア (旅行ガイド)

 

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com

 

 

kukumama.hatenablog.com